スポンサーリンク

軽飛行機の代名詞になっているセスナ172

フライトシミュレーターの歴史はセスナ172から始まった?

Photo from flickr


軽飛行機=セスナ?

私は,ある軽飛行機を「セスナ」といっている飛行機関連の記事を見たことがあります。
その時には,なんだこの記者は軽飛行機のことをあまり知らないんだなと思いました。

なぜそんな思い込みが生まれたのか,セスナのことを調べて納得しました。
セスナ172は,世界で最も多く生産された飛行機だったからです。

ウィキペディアによれば,2015年時点で生産機数は45,000機。
たしかにこれだけの数が,飛んでいれば「軽飛行機=セスナ」という思い込みが生まれるのは無理はないなと思い直しました。

洋書で,「セスナ・バイヤーズガイド」という本を読んだことがあります。
アメリカの,中古品購買ガイドです。

その本によると,アメリカ国内では中古のセスナ172が300万円程度で買えるのだそうです。
もちろん整備状態は不明ですが,日本の高級中古車並の値段で買えることを知ったときには,いいなーと思ってしまいました。

1956 CESSNA 172 SKYHAWK 4万ドル 440万円 1961 CESSNA 172 SKYHAWK ,000 352万円 1971 CESSNA 172L SKYHAWK ,000 462万円 1980 Cessna 172 Skyhawk XP ,000 716万円 2000 Ce...

日本なら,保管料や維持検査費用などたくさんの費用がかかるので個人で飛行機を持つことは,よほどの高収入がないと無理だと思います。

それだけ,アメリカは飛行機がふだんの生活に溶け込んでいるのだなと感じました。

珍しい飛行機を所有していた落語家 桂文珍師匠
珍しい後退翼機 Gyroflug SC-01 Speed Canard 日本では珍しい後退翼機それがこの Gyroflug SC-01です。 かつて,この飛行機を桂文珍師匠が所有されていたことがありました。 現在は,所有者が変わっているのだそうです。 ...


多種類のセスナ172

高翼単発のセスナシリーズのなかで,セスナ172は,生産量が多いだけでなくバリエーションも多い機体です。

生産期間が長かったことから,初期の機械式の計器パネル仕様から最近のG1000グラスコックピット仕様のもの,引込脚仕様の物もあります。

Photo from flickr

”G1000仕様の操縦席” Photo from flickr

セスナ社のホームページを見ると,まだ生産は続いているようです。
まだまだ生産機数は増えそうですね。

セスナ社のサイトは,個人向けの販売を目指しているのか,日本の自動車メーカーのようなサービス満点のページになっています。
軽飛行機ファンの私は,うっとりしてしまいます(笑)

The Cessna Skyhawk is the ultimate training aircraft and the most popular single-engine aircraft ever built. With forgiving flight characteristics, great visibi...


フライトシミュレータ用の機体

セスナ172は,FS2004とFSXに最初から付属している機体です。

FS5やFS98で,フライトシミュレーターを動かすと,まず出てくるのはセスナ172の操縦席でした。
フライトシミュレーターの歴史は,セスナ172から始まったといっても良いと思います。

FS2004のセスナ172 シカゴ・メイグス飛行場


特にFSXでは,グラスコックピット仕様の機体も付属しています。

FSXのG1000仕様 セスナ172


FS2004では,グラスコックピット仕様はないのかなと”flightsim.com”で探しました。
流石にファンの多い機体です。グラスコックピットパネルを提供してくれた人がいました。

双発機用のパネルですが,少し工夫すれば172Sに利用できそうです。


市販のセスナ172のデータ

CarenadとFlight1から発売されています。
両者は 同一機体で,Carenadの物をFlight1のブランドで販売しています。

もともと付属している機体を,別売のデータとして販売することは,よほど自信あるのなのかなと思い,購入しました。
確かに,細かい作り込みがあってきれいだなという印象です。

私は,セスナ172Sの模型を1/20から1/72までスケール違いで数種類買いました (^.^;
そういう特別な思い(fetish)のある軽飛行機ファンならば,購入しても損はないと思います。

FSX Carenad セスナ172S

FSX Carenad セスナ172Sの操縦席

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク