スポンサーリンク

世界で一番短い滑走路を持つ飛行場

初期の飛行機は,草地の短い滑走路から飛び立つことが当たり前だったので,アメリカ合衆国には短い滑走路を持つ飛行場がたくさんあります。こういった飛行場の中でアイダホ州インコムにある”Skyline Airport”は世界で一番短い滑走路を持つ飛行場です。しかも滑走路に14度の傾斜があるので注意しないと滑走前に前のめりになってしまいます。この小さくて危険な飛行場をX-Plane11で楽しんでみましょう。


世界で一番短い滑走路を持つスカイライン飛行場

滑走路が草地だった初期の飛行場

日本には,草地の飛行場は数えるほどしかありません。

飛行機が発明されたアメリカ合衆国には,初期の飛行機が草地を離着陸していたからか草地の短い滑走路を持つ飛行場が多数あります。

この中で,世界で最も短い滑走路を持つ飛行場がアイダホ州インコムにあるスカイライン飛行場です。

Googlemapでここを検索するとちゃんと表示されます。

Googlemapから引用

航空写真で見た飛行場は,野原にある飛行場といった印象です。

Googleマップから引用

一体この飛行場は,アメリカのどの辺にあるのか縮尺を変更してみました。

お菓子の宣伝でよく聞く”アイダホ ポテト”から,このあたりはジャガイモがよくとれる土地なのかと連想してしまいます。

Googleマップから引用

閑話休題。

この飛行場は,AirNavのデータでは個人所有の飛行場で1機の固定翼機とULPが駐機しています。

Skyvectorのデータによると飛行場の高度は5640feet,滑走路の表面は芝で寸法は122 x 6メートル。
しかも滑走路01/19で,19は西14度に傾斜しています。

立地は,山の中なんですね。

RY 19 SLOPED TO THE WEST 14 DEGREES.
Dimensions: 400 x 20 feet / 122 x 6 meters
Surface: Turf
Runway 01 Runway 19
Estimated Elevation is 5640 feet MSL

Skyvectorから引用

飛行場シーナリーのダウンロードとインストール

ダウンロード

データはX-Plane.orgからダウンロードします。

タイトルは”1ID9 Skyline: The World’s Smallest Airport 1.0.1“です。

X-Plane.orgから引用

Listed by Wikipedia as the airport with the shortest primary runway in the world, Skyline Airport in Idaho has finally come to X-Plane versions 10 and above. Wi...

表示に必要なライブラリーは,OpenSceneryXHandyObjectsだけです。

これらのライブラリーは,X-Plane11のカスタムシーなりの必須ライブラリーですからすでに導入済みだと思います。

まだ導入が済んでいなければ,私の記事を参考に導入を済ませておいてください。

X-Plane11の空港を表示するには,たくさんのライブラリーが必要なことがあります。 それらをテストする環境のひとつとして,セイシェル国際空港シーナリーがあります。 この空港に限らずX-Plane11の空港風景を楽しむため,少し多めですがライブラリーを導入します。 ...

インストール

ダウンロードした”Skyline 1ID9.zip“を適当な場所で展開します。

できあがった”Skyline 1ID9“フォルダーの中にある同名の”Skyline 1ID9“フォルダーを,X-Plane11のCustom Sceneryフォルダー内にコピーすれば導入作業は終わりです。

X-Plane11での飛行

この飛行場を導入して,パイパーカブで離陸しようとしてびっくりしました。

滑走路19で機体を静止できず前のめりになってしまったのです。

このときには,滑走路に傾斜があることを知らなかったので,不思議に思って飛行場全体を眺めると飛行場が丘の中間にあることがわかりました。

飛行場の全景ですが画面が傾いているわけではなく,傾斜がきついのです

そして,あわてて空港データを調べると滑走路19には西に14度傾斜があることがわかったのです。

飛行場データの説明には滑走距離をとるには進入道路から始めるようにとの告知がありました。

フライトの開始ではX-Plane11のカスタマイズ画面で滑走路26/03となっています。

草地の中ですから方位が多少ずれても問題はないのですが変ですね。

もっとも飛行場のソースリストも同梱されているので修正は可能です。

実データとずれがありますが,私は滑走路26からの離陸を選んでいました。

スキー場の斜面分類では14度までは”緩斜面”とされていますが,尾輪式のカブでもデフォルトの重心配分では前のめりになってしまいます。

滑走路03から離陸するのであれば問題は無いのですが,上り坂ですぐ東には山があるのでULP以外では離陸には厳しいと思います。

そこで,カブの重心を後ろにずらして離陸することにします。

フライトの機体選択画面で”重量,バランスと燃料の調整”ボタンをクリックします。

表示された画面で,重心を”+”側にずらせば前のめりになるのを防ぐことができます。

滑走路上に静止できるようになれば,STOL性能の高いカブで離陸するのは簡単です。

滑走路26で静止できたカブ

重心が後ろにあるので,すぐに離陸できます。

けれどもこの重心状態で飛行すると,トリムをとらないと操縦桿を押しっぱなしになるという状態に陥ります(笑)

離陸したカブ

周りには農場以外何もない地域です。

実世界では,買い物や通院に軽飛行機を使うこともあるそうですから,電話で所有者に利用許可をもらうこのような飛行場が役に立つのでしょう。

まとめ

アメリカの広大さを実感できる世界一短い滑走路を持つ飛行場を使えるのも,X-Plane11の楽しみの一つです。

大きな空港を訪ねる合間に,こういった特徴のある飛行場を探しては飛んでみたいと考えています。

Enjoy, Flight!


この記事は,次の製品のオンラインバージョンアップ版11.40r2で表示確認をしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク