スポンサーリンク

懐かしいStartrekゲームをiPhoneで!

パソコンをはじめたころに,何をしていただろうと考えていました。

そういえば,雑誌に発表されていた,BASICのStarTrekゲームのプログラムを打ち込んで遊んでいたことを思い出しました。

こういったレトロゲームは,現在のような反射神経を必要とするものでなく,ゆったりとした時間を過ごすのに ちょうどいい のんびりしたゲームでした。

アメリカ人は,Startrekに異常な情熱を持つ人が多いと聞いています。

もしかしたら,iPhoneで遊べるStartrekがあるのではないかと,AppleStoreで探してみました。

StartrekゲームがAppleStoreにありました

Old Trek

ありました!
その名は「Old Trek」
残念ながら,無料ではなかったのですが 価格は120円でした。

懐かしさから,すぐに 支払って遊んでみました。

こういったOLDスタイルのゲームは,ゆっくり遊べるのと,途中で中断することができます。

現代のスピード感のある,シューティングゲームと違って,反射神経が必要とされるわけではありません。

ですから,私のような人間でも 安心して すきま時間に楽しむことができます。

かつて,私の世代はコモドールPET,シャープMZ-80,NEC PC-8001とPC-8801などの レトロPCで BASICプログラムコードを 雑誌を見ながら打ち込みました。

昔なら,カセットテープに保存したプログラムを 読み込むのに数分かかったモノです。

しかし,今は ぽちっ とスマートフォンのアイコンをクリックするだけ…

Startrekゲームについては,Wikipediaの記事が,よくまとまっています。

いやー,いいですねえ。
でも,私は遊び方を半分忘れていました。

画面フォントは,昔のコモドールBASICの雰囲気です。

下の画面はアイコンをクリックしてゲームを始めたところです。

BASICゲームの時は,コマンドラインから
”L” Long Range Sensor (長距離センサー)とか
”W0105″ Warp 1.0 5の方向という風に入力していました。

iPhoneでは,メニューが上半分に表示されています。
画面下 2/3が昔のPC画面のようにスクロールします。
しかも,先に表示された部分もスクロールして見ることができるので,
昔のように,再コマンドを入力する必要もありません。

「New Old Startrek Game」ですね。

このゲームは,初期に公開されたバージョンを基にしているのでしょう。

日本で公開されたプログラムにあった,コンピュータとか,インパルスエンジンというコマンドはありません。

その分,コマンドが単純で覚えやすいです。


Old Trekの遊び方

宇宙空間

このゲームで エンタープライズ号が動くことのできる 宇宙空間は 2次元空間です。

宇宙空間は,”Quadrant”という空間で区切られ,8x8=64の “Quadrant” で構成されます。

それぞれの ”Quadrant”は,縦軸方向-横軸方向の順に,1-1が一番左上,その下が2-1,右端の一番下が8-8と表示されます。

”Quadrant”は,”Sector”という点で構成され,8x8=64の “Sector” で構成されます。

それぞれの ”Sector”は,縦軸方向-横軸方向の順に,1-1が一番左上,その下が2-1,右端の一番下が8-8と表示されます。


ゲームの目標と制限事項

このゲームの目標は,設定された敵(KLINGON数)を限られた移動回数(Warp数)で撃破するというものです。

制限事項は,”Year(年)”が30年,”Photon Torpedos(光子魚雷)” が10本,”Energy(エネルギー)”が,4000です。

“Photon Torpedos(光子魚雷)”と”Fire Phaser(フェーザー砲)”という武器で,敵を撃破していきます。

“Photon Torpedos(光子魚雷)”は,1発でひとつの敵,星,”Starbase(基地)”を破壊でき,”Energy(エネルギー)”は,ほとんど減りません。

”Fire Phaser(フェーザー砲)”は,星に隠れた敵に有効で,星や”Starbase(基地)”には,影響がありません。しかし,撃った分の”Energy(エネルギー)”が減ります。

”Energy(エネルギー)”がなくなると動けなくなり,ゲームオーバーになります。

”Energy(エネルギー)”は,”Fire Phaser(フェーザー砲)”や,敵からの攻撃を防ぐシールド,移動,センサーに使うので残量には注意が必要です。

”Starbase(基地)”に”DOCK(接岸)”すると,”Energy(エネルギー)”や”Photon Torpedos(光子魚雷)”が補給(回復)されます。


移動の方法

移動するには”Warp Control(ワープ)”を使います。

1回Warpすると,Yearがひとつ減ります。

移動するには,”COURSE(方向)”と”WARP(距離)”を小数点第2位までの数で入力し,”Warp Control”ボタンをクリックします。

”COURSE”は,時計の3時の方向が”1”,反時計回りに45度ずつ”2”~”8”を表します。

なお,”8.999”は”1.0”と同じ意味になります。

“Warp”は,1.0で 隣の”Quadrant”に移動します。

ただし,斜め隣の”Quadrant”に 移動する時は,1.42の移動が必要です。

それ以上の移動距離は,電卓で計算する必要があります。


空間の調べ方

空間の情報を調べるとき使うのは, ”Long Range Sensor(長距離センサー)” と” Short Range Sensor(短距離センサー)”です。

”Long Range Sensor(長距離センサー)” と” Short Range Sensor(短距離センサー)”ともに”Energy(エネルギー)”を使います。

Long Range Sensor(長距離センサー)

”Long Range Sensor(長距離センサー)”は,エンタープライズ号が位置する ”Quadrant”と,その周囲の”Quadrant”の,敵の数,基地の数,星の数を表示します。

星1だけだと”1”,星1と基地だと”11”,敵4,基地0,星1だと”401”と表示されます。

Short Range Sensor(短距離センサー)

” Short Range Sensor(短距離センサー)”は,エンタープライズ号が位置する”Quadrant”内の各”Sector”を調べます。

8x8=64の ”・”で,ひとつの”Sector”を表示します。

その中に,エンタープライズ号を”E”,敵(KLINGON)を”K”,星を”*”,基地を”B”と表示し

ます。


武器の使い方
“Photon Torpedos(光子魚雷)”の撃ち方

”COURSE(方向)”を1-8.99の範囲で入力して,”Photon Torpedos”ボタンにタッチします。

”Fire Phaser(フェーザー砲)”発射のやり方

”PHASER ENERGY”の欄に,数字”1~1000.0”を入力して”Fire Phasers”ボタンにタッチします。

1000エネルギーだと,敵4隻くらいは撃破できますが,使いすぎでしょうか。

この武器の威力は,距離にも影響されるので,エネルギーの加減が難しいです。


補給のしかた

”Starbase(基地)”に”DOCK(接岸)”して,”Energy(エネルギー)”や”Photon Torpedos(光子魚雷)”が補給(回復)します。

”DOCK(接岸)”するには,エンタープライズ号”E”を,”Starbase(基地)”がある位置”B”の ”Sector”の周囲に移動させることが必要です。

エンタープライズ号”E”を,”Starbase(基地)”がある位置”B”の ”Sector”の周囲に移動できれば”DOCK(接岸)”状態になるので,補給が完了します。


勝利!

制限期間内に敵を撃破すると,お褒めの言葉がもらえます。

ただそれだけなんですよ。


Help


Help画面に,使い方は書いてあります。

私の場合は,思い出しながら読んだので 理解しやすかったのかもしれません。

はじめて遊ぶ方は,「なんと面倒くさいゲームなんだ!」と言われるでしょうね。

でも,初期のパーソナルコンピューターで こういったゲームに夢中になっていた世代がいる ことを知っておいて欲しいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク