スポンサーリンク

ニュージーランド最大の街オークランドの遊覧飛行

日本からの国際線航空機のほとんどが到着する空港は,オークランド空港です。オークランドの街は1864年までニュージーランドの首都でした。歴史のある街なので,いろいろな建造物や施設があります。これらを上空から眺めることのできるシーナリーが公開されています。加えて現在はヘリポートになった冒険心あふれる小さな飛行場のシーナリーをあわせてご紹介します。


ニュージーランドの空の玄関オークランド

オークランドは,1865年にウエリントンに首都が移転するまでニュージーランドの首都でした。

歴史のある街なので,Google mapで見るといろんな建物や施設があります。

中でも328mで南半球で一番の高さをほこるスカイタワーが街の中心にあり,遠くからでもよく見えるのでVFRの目標になります。

また,街と対岸を結ぶオークランドハーバーブリッジも良いランドマークです。

これらのランドマークを目標にオークランド空港から離陸し,オークランドの街を一周して空港に戻る楽しいVFRツアーをご紹介します。

“Auckland” by Glen Armstrong. Photo from Flickr

おまけとして現在は廃止されているものの,小さな飛行機なら離着陸できる貨物ヤード飛行場であるPikes Pointをご紹介します。

この飛行場は,現在ヘリポートになっており,滑走路はコンテナヤードになっています。

過去にあった滑走路はヤードの通路として残されていて,Google Mapでみると工夫すれば小さな飛行機なら離着陸できそうです。

Googlemapから引用

シーナリーのダウンロードとインストール

コックピットから見える遠景を美しく表示するために,街と空港シーナリーを導入する前に,私がご紹介したニュージーランドの基本シーナリーを導入しておいてください。

南半球にあるニュージーランドには四季があります。ケッペンの気候分類では日本は温暖湿潤性気候でニュージーランドは西岸海洋性気候という違いがありますが,四季があるという点で,私は親しみやすさを感じています。このニュージーランドには世界遺産に登録された多くの自然景観があります。...

ダウンロード

今回導入するのはオークランドの街と空港,そして小さな飛行場の3つのシーナリーで,3つともX-Plane.orgからダウンロードします。

街のデータのタイトルは,”Auckland VFR 1.0.0“です。

X-Plane.orgより引用

オークランド空港シーナリーのタイトルは,”NZAA Auckland 1.6“です。

X-Plane.orgより引用

ダウンロードリンクをクリックすると2種類表示されますので,XP11用をダウンロードしましょう。

X-Plane.orgより引用

そしてもう一つの小さな廃止されたPikes Point飛行場のタイトルは,”NZPK Pike Point 1.0.0“です。

シーナリーの紹介ページには,動画が掲載されているのでご覧になってみると楽しめます。

ライブラリーとプラグイン

これらのシーナリー表示に必要なライブラリーとプラグインはつぎのとおりです。

定番のライブラリーとプラグインなのでこれまでに導入済みとは思いますが,まだであれは導入を済ませておいてください。

OpenSceneryX
BS2001 Object Library
ruscenery
CDB-Library
MisterX Library
Handy Objects Library
AutoGate
Flags of the World
FF Library extended LOD
RE Library
World Models Master Library

なおPikesPoint(NZPK)の木々を表示するためには,これらに加えてFlyAgi Vegitationライブラリーが必要です。

X-Plane.orgにあるリンクからFlyagi.deのドイツ語のページに飛びますが,読みやすい英語のリンクはページの下の方にあります。

木々の季節による色変化を表示するために,”FlyAgi_Vegetation_Seasonal.zip“をダウンロードして導入しておきましょう。

flyagi.deから引用

なお,四季の変化を表示するためには私の前の記事を参考に,四季のライブラリーを導入しておいてください。

OpenSceneryXは,ほとんどすべてのフリー・シーナリーで使われているライブラリーです。そしてOpenSceneryXは2019年7月に4.2.0にバージョンアップされ,様々な機能が加わりました。これまでにも備わっていた四季の風景との連携機能が使いやすくなり,すべて...

インストール

街のデータ

ダウンロードした”C Auckland.zip”を適当な場所で展開します。

展開したデータは,フォトシーナリーを含んでおり1.35GBあります。

展開してできた”C Auckland“フォルダーを開き,中にある同名の”C Auckland”フォルダーをX-Plane11のCustom Sceneryフォルダー内にコピーします。

私は,データが大きいので別ディスクに収納しリンクを登録しました。

空港データ

ダウンロードした”NZAA Auckland v1.6 XP11.zip“を適当な場所で展開します。

展開してできた”NZAA Auckland v1.6 XP11“フォルダーを開きます。

中にある同名の”NZAA Auckland v1.6 XP11“フォルダーをPlane11のCustom Sceneryフォルダー内にコピーします。

FlyAgiライブラリー

導入方法は,他の一般的なライブラリーと同様で,展開してできたフォルダーをX-Plane11のCustom Sceneryフォルダー内にコピーします。

導入後に定義位置を,優先順位を下にしておくことを忘れないようにしましょう。

特に他のシーナリーへの影響を避けるため,先に導入したX-Europe3よりも下位にしておきましょう。

X-Plane11でのオークランドの街の遊覧飛行

オークランド空港から街を周遊

オークランド空港の滑走路でのFPSは28前後で安定しています。

空港全景です

オークランド空港を離陸し,上空で周囲を見回すとすぐにスカイタワーが目に入るので,そこを目指して飛んでいきます。

街の上空にはヘリがホバリングしていますので,ぶつからないように注意しましょう。

主翼の上あたりにヘリが見えます このとき3jFPS:MAX QUALで27FPSです

スカイタワー周辺に広がる街並みをながめたら,街と対岸を結ぶオークランドハーバーブリッジを右に見て旋回します。

Google Mapをみるとスポーツ公園などの施設があるのがわかります。

上空からでもそれらしい施設があるのがわかります。

ハーバーブリッジを右に見ながら旋回しましょう。

すると正面にオークランド空港が見えてきます。

オークランドの街を下に見ながらアプローチしましょう。

PikesPointでの冒険

Pikes Point(NZPK)は,オークランド空港近くにある廃止された飛行場です。

コードで検索すると飛行場の元の位置が確認できます。

www.world-airport-codes.comから引用

なおシーナリーを導入すれば,X-Plane11のマップにNZPK飛行場が表示されます。

自分がこの飛行場を使うならULPが最適だと考えて飛んでみました。

コンテナの間から離陸するのは,ちょっとした冒険です。

コンテナヤード(飛行場)の全景で,左端がヘリポートです。

滑走路跡を見渡しましょう。

季節を秋に設定すると飛行場周囲の木々が茶色くなります。

通路から離陸すると,すぐ左に高圧線が通っているのに気がつきました。

すぐに右旋回して回避しましょう。

着陸はもっと難しいですね。

まとめ

オークランド空港からの遊覧飛行は,短い時間でたくさんのオブジェクトが楽しめるツアーです。

しかも冒険心あふれる,ミニ空港にはビックリします。

ぜひ導入して楽しんでください。

Enjoy, Flight!


この記事は,次の製品のオンラインバージョンアップ版36r2と11.40r2で表示確認をしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク