スポンサーリンク

日本の詳細な建物データを修正する方法

X-Plane11用に用意された詳細な建物を表現してくれるw2xpで作られたフリーデータがあります。日本国内に限定したVFR用のデータを調整することができましたが,一部で表示してほしくない建物や構造物が表示されていることがあります。完全に修正することはできませんが,我慢できる程度であれば修正可能なので,その方法を説明します。


日本の詳細な建物データをX-Plane11に導入する方法(その3)

“w2xp_JAPAN”にある不都合な建物や構造物の表現を修正する方法

“w2xp_Japan”データの不具合

フリーの地図データから建物のオブジェクトを作成する”Word2XPlane“というツールで作成されたアジアの建物や構造物のデータを表示する”w2xp_Asia”というデータがあります。

そして,ここから日本のデータだけを抜き出した”w2xp_Japan”を作る方法を,先に投稿した私の記事で説明しました。

日本だけの詳細な建物データをX-Plane11に導入する
X-Plane11にw2xpで作られたデータを使ってアジアの建物を表現してくれるフリーデータがあります。このデータの導入により,FPRにあまり影響を与えずに日本国内のVFR環境を整えることができました。けれども公開されているデータをそのまま導入した場合,アジア全体のデータ...

この自動作成された建物などのデータには,表示してほしくない場所に建物や構造物が表示されることがあります。

広島西飛行場には敷地内にビルが建ち,羽田空港の海上誘導灯の場所にはヨット桟橋が表示されます。

さがせば,他にもあるかもしれません。

広島西飛行場の駐機場にビルディングが表示されています

対岸の建物は表示できていますが,海上誘導灯がヨット桟橋として表示されています

このことは,”w2xp”のデータが機械的に元のデータから作成されてしまうので仕方がないことかもしれません。

しかし,自分の気に入っている場所に奇妙なものが表示されるのは,我慢できないことがあります。

そこで,これを修正する方法がないかと試行した結果,少しだけならば修正ができることがわかったのでその方法を説明します。

“w2xp”データの具体的な修正方法

利用するツール

修正にはOverlay Editorを利用します。

WEDも使えるのではないかと思いますが,私にとってオブジェクトをいじるだけなら操作が簡単なOverlay Editorが楽だったというのが使う理由です。

X-Plane11の飛行場に静止した飛行機を配置するツールを導入する方法
X-Plane11の空港のエプロンには,全く飛行機が止まっていないところがあります。 止まっていても少しだけとか,一般用の駐機場に全くセスナ機などがいないこともあります。 こういったところに静止した飛行機を配置する方法を説明いたします。 X-Plane1...

修正する場所の緯度経度を元に修正するファイルを特定する

シーナリーの基本単位

w2xp_Japan“フォルダーを開きます。

この中に”Earth nav data“というフォルダーがあります。

このフォルダーを開くと緯度経度10度ごとのデータがそれぞれ10刻みの数字のついたフォルダーに入っています。

“Earth nav data”フォルダー内のフォルダー

このフォルダーの中に,緯度経度1度刻みの区域に分けられたdsfファイルがあります。

“+30+130″のフォルダー内のファイル

これがX-Plane11のシーナリーの基本単位です。

修正の工程

実際の修正の工程を広島西飛行場(RJBH)で説明します。

ここは,私の地元にあったお気に入りの空港です。

シーナリーはFS2004から変換されたもので,X-Plane11に最適化されたものではありません。

この空港内に表示された,広島西飛行場の誘導路と駐機場に表示されたビルと空港ターミナルビル正面に表示された住宅地を削除し,位置がおかしい建物を移動することが目標です。

目標の場所の緯度経度を調べ修正するファイルを特定する

まず修正したい場所の緯度経度をGoogleマップを使って調べます

空港だけなら,Skyvectorも利用できます。

広島西飛行場の緯度経度は,”+34.4+132.4“です。

Googlmapから引用

この緯度経度から,修正するdsfファイルを特定します。

緯度経度の小数点以下を切り捨てると”34“と”132“という数字が得られます。

その数字から修正するファイルは,”+30+130“フォルダー内にある”+34+132.dsf“ということがわかります。

修正するdsfファイルだけを含む”w2xp_Japan”フォルダーをCustom Sceneryフォルダー内に作る

ここで注意しなければならないことを3つ説明します。

1 Overlay Editorが認識できるのは,Custom Sceneryフォルダー内にあるフォルダーだけであるということ
2 メモリーの制約のためか,読み込めるのはひとつのdsfファイルだけということ(これは私のPCが8GBのメインメモリーだという条件下のものです。)
3 w2xp_Japanのフォルダー構造を保つ必要があること

“w2xp”ファイルは,読み込むオブジェクトが多いので,読み込みには10分以上の時間がかかります。

2つの条件に留意して,修正する対象のdsfファイルだけを入れた”w2xp_Japan”フォルダーをCustom Sceneryフォルダー内に作ります。

私は,試行錯誤の段階で”w2xp_Japan\Earth nav data”内の他のファイルを削除して実行しました。

こうしなければ,Overlay Editorがフォルダー内にあるすべてのdsfファイルを読もうとして読み込みの途中でクラッシュしてしまうからです。

Overlay Editorの起動とファイルの読み込み

“Overlay Editor”を起動して,編集対象に”w2xp_Japan”を選びます。

読み込みが終了したら,目標の場所を表示させます。

Overlay Editorの画面には,背景になる実写真とオブジェクトが表示されます。

実は,ここまで来たらゴールは間近です。

オブジェクトの修正作業

X-Plane11で対象となるシーナリーを撮影した画面を見ながら,修正するオブジェクトを探しクリックして選択します。

駐機場のビルを選択したところです

削除する場合は,Overlay Editorのメニューにある赤い”×”印をクリックして削除します。

位置がおかしい建物や構造物は,選択して移動します。

修正が必要なオブジェクトをすべて処理したら上書き保存します。

この作業工程で一番時間がかかるのが読み込み時間ですので,修正し忘れがないように注意しましょう。

できあがったdsfファイルを,別に保管していた元の”w2xp_Japan”フォルダー内に上書きコピーしCustom Sceneryフォルダー内に戻せば作業完了です。

修正が終わった広島西飛行場 飛行場横の工場群がw2xpデータで表示されています

空港構内に余計な建物が表示されるのは,空港敷地内のオブジェクト表示制限エリアに設定していない空港に特有の現象だと考えます。

WEDを使って空港エリアを制限してしまえば,面倒な修正作業は必要ないのかもしれません。

読み込めないdsfファイルの処理

羽田空港のヨット係留施設を修正しようと考えて,羽田空港のdsfファイルである”+35+139.dsf“を特定しました。

Googlemapから引用

ところが,同じdsfファイルでも東京都区内のファイルは,地方都市と比較して大きくなっており,読み込むオブジェクトが多いため私のPCでは読み込めませんでした。

特に”+35+139.dsf“はダントツに大きなファイルです。

ファイルの大きさ順に整列させた+30+130フォルダー内のファイル ”+35+139”が一番大きい

実は,羽田空港の海上誘導灯は,デフォルトシーナリーでも再現されていません。

デフォルトシーナリーの羽田沖の風景

そこで,修正対象の”+35+139.dsf“を“w2xp_Japan”フォルダーの”+30+130”フォルダーから削除することで,このエリア全体の”w2xp”データを使用しないことにしました。

今後ちゃんとした羽田空港のシーナリーが公開されたら”+35+139.dsf”を問題なく使えるようになるかもしれません。

まとめ

日本国内に限定したW2XPデータを利用する上で気になっていた現象を解消することができました。

部分的な対症療法ですが,ちゃんとしたシーナリーができるまでのつなぎとして考えていただければ幸いです。

Enjoy, Flight!


この記事は,次の製品のオンラインバージョンアップ版11.36r2で表示確認をしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク