スポンサーリンク

ミュージカル映画「南太平洋」の舞台となった島々を飛ぶ

ソシエテ諸島といってもなじみがない人たちが多いと思います。でもタヒチといえば,「あ,知ってる。」ということになるのではないでしょうか。ソシエテ諸島は,私が大学生の頃見たミュージカル映画「南太平洋」の舞台となったボラボラ島がある島々です。
ソシエテ諸島の中では,ファアア国際空港のあるタヒチ島が有名です。このソシエテ諸島の14の島と9カ所の空港を楽しめるフリーシーナリーが公開されているのでご紹介します。


南太平洋にあるソシエテ諸島シーナリーをX-Plane11で楽しむ

ソシエテ諸島とは

ソシエテ諸島は,南太平洋のフランス領ポリネシアにある島々です。

島々のうちで一番大きなタヒチ島ファアア国際空港があり,周囲の島々に定期便が飛んでいます。

タヒチ島以外の空港は,比較的短い滑走路のため,STOL性能の良いATR 72,ATR42やDHC-6ツインオッターなどが就航しています。

日本からはスキューバダイビングやハネムーナーが多く訪れています。

私にとっては,大学生の頃に見た「南太平洋」というミュージカル映画に登場した島々であり,この映画で紹介されたボラボラ島が強く印象に残っています。

「南太平洋」は,特にサウンドトラックが評判になった映画です。

映画の中で歌われる曲のうち,私は「魅惑の宵(Some Enchanted Evening)」が大好きです。

X-Plane11で飛ぶソシエテ諸島

タヒチ島やボラボラ島を含む14の島と9カ所の飛行場を含むシーナリーパッケージがフリーウェアで公開されています。

島々の区域のVFR航空図は,Skyvectorで見ることができます。

Skyvectorから引用

シーナリーパッケージは,フォトシーナリーで珊瑚礁の海面を表現しており,美しい島々を巡るVFRが楽しめるシーナリーです。

導入も比較的簡単なので,導入して楽しんでみましょう。

“Bora Bora” by Sergi i Nuria BJ. Photo from Flickr

ダウンロードとインストール

ダウンロード

ダウンロードするファイルは,”Society Islands (Tahiti, Bora-Bora, Moorea) 1.0″というタイトルで,X-Plane.orgからダウンロードします。

X-Plane.orgから引用

Require X-Plane 9.0 and above. Take care, the scenery is 355 Mo large (unzipped, it will take about 900 Mo of your hard disk space). If downloaded file fails to...

このパッケージは,通常のダウンロードリンクよりもページ内の下の方にある”NTAA.v.10-360_(101).zip”という文字列のリンクからダウンロードするほうが簡単です。

X-Plane.orgから引用

パッケージ内にシーナリーを表示するために必要なオブジェクトはすべて含まれているので,ファイルは354MBと大きなものになっています。

このパッケージは,X-Plane9用のシーナリーで,空港内の木のオブジェクトは2Dタイプが見られます。

インストール

ダウンロードした”NTAA.v.10-360_(101).zip”を適当な場所で展開します。

展開してできた”Societe“フォルダーを開きます。

中にある”NT_Societe_1“,”NT_Societe_2“,”NT_Societe_3“をX-Plane11のCustom Sceneryフォルダーにコピーすれば導入作業は終了です。

“Societe”フォルダーのなかには英文pdfの説明資料があり,また”SIA Charts”フォルダーには各空港のチャートが入っているので飛行計画を作るのに役立ちます。

X-Plane11での表示

各島々を島伝いにVFR飛行するだけでかなりの飛行時間を要します。

島々の空港から島を周回飛行することでも十分楽しめますから,時間のない方はお試しください。

パーケージの説明書に書かれていた利用上の注意を説明します。

このパッケージの空港は,シーナリーの利用にあたっては,テティアロア飛行場(NTTE)以外は設定オプションで”滑走路は地形の輪郭をたどる“にしておく必要があります。

波打った滑走路を見てびっくりしないようにして下さい。

では,各空港の全景とターミナルの建物を紹介します。

パペーテ・ファアア国際空港(NTAA)

ソシエテ諸島の中で一番大きな空港です。

日本からもエアタヒチヌイの定期便が飛んでいます。

空港全景です

空港ターミナルビル 

モーレア空港(NTTM)

エアタヒチの定期便がボラボラ空港などから飛んでいます。

空港全景です 滑走路端の黒い土地は何かの素材を反映しているのかもしれません

空港ターミナルです

ボラボラ空港(NTTB)

定期便や経由便が多数飛んでいます。

空港全景です 遠くに映画に出てきた山の峰が見えます

ターミナルは田園風です

フアヒネ空港(NTTH)

資料が乏しい空港です。

空港全景です

ターミナルの建物です セスナの軍用機も見えます

テティアロア飛行場(NTTE)

ここは,俳優のマーロン・ブランドが所有している島のプライベート飛行場です。

観光客の受け入れも行っています。

滑走路は珊瑚礁で敷き詰められているような質感です

滑走路端はプライベートビーチになっています。

ライアテア飛行場(NTTR)

セーリングの楽園とされている島で,定期便とチャーター便が飛んでいます。

空港全景です 工事用のクレーンが見えます

ターミナルです

マウピティ空港(NTTP)

パペーテ・ファアア国際空港から定期便が飛んでいるほかチャーター便が飛んでいます。

環礁のなかに突き出した滑走路が魅力的です

ターミナルそばには,ホテルのある島に渡るフェリーが止まっています

まとめ

これほど多くの美しい島々を一度に導入すると,少しずつ飛ぶだけでも数時間かかります。

ましてや,島々をホッピングしてのVFRツアーとなると,時間がとれる時を選んで飛ぶと1週間かけても廻りきれません。

ほんとうに罪な(笑)シーナリーパッケージです。

しかし,この素晴らしいシーナリーパッケージを公開していただけたことに感謝いたします。

この島々を巡る定期便に使われているエアタヒチヌイのDHC-6-300でボラボラ島の水上コテージ上空をご案内して終わりにいたします。

なお,この機体は後ほどご紹介いたします。

Enjoy, Flight!


この記事は,次の製品のオンラインバージョンアップ版11.36r1で表示確認をしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク