スポンサーリンク

X-Plane11の青空の色と雨と雪の降り方を改善する方法

X-Plane11の快晴のもとで飛行しているときなんとなく灰色がかった青色になっていると感じることがあります。
特に空と海の色が水色に近い色になっていると思います。これを真っ青な青にならないかと調べたところ,空と水そして光の表現を改善するアドオンパーケージを見つけました。特に青色の改善効果があるのでご紹介したいと思います。


X-Plane11導入日記(その146)

空と海と光の表現を改善するテクスチャーとスクリプトのパッケージ

X-Plane11で快晴のもとで飛行しているとき,なんとなく灰色がかった青色になっていると感じることがあります。

私は,特に空と海の色が水色に近い色になっているのではないかと感じます。

FS98の頃,空の青色を改善するシェアウェアがあり導入したところ真っ青な空を表現できたことを思い出し,X-Plane11でも同じようなアドオンがあるのではないかと考えました。

調べてみたところ,空と水そして光の表現を改善するアドオンパーケージを見つけました。

このパッケージには,雲,光,雨と雪,空と水の色の改善を目的にしています。

残念ながら,雲のデータはX-Plane11では利用できなかったので,雲,光,雨と雪,空と水の色の改善効果について報告いたします。

環境改善パッケージのダウンロードとインストール

このパッケージは,先にご紹介した”Fly with lua“を利用します。

そのため,このパッケージを導入する前に,”Fly with lua”環境の導入を済ませておいてください。

X-Plane11を機能アップする方法
FS2004では,空や水面をグレードアップするためにTextureの更新という方法をとっています。 X-Plane11でもTextureを更新する方法は同じなのですが,最近の取り組みにおいてX-Plane11の機能アップによって表現を改善しているフリーウェアがありま...

ダウンロード

このパッケージは,X-Plane.orgからダウンロードします。

データのタイトルは,”XP Enviroment+ 1.2.1“です。

X-Plane.orgから引用

Overview: This is an XP11 general enhancement pack. It uses a custom photoreal cloud pack and lua scripts, massively edited lights.txt, recolored oceans, and pe...

インストール

インストールの前にX-Plane11フォルダー内にある”resource\bitmaps\world“フォルダーのバックアップをしておきましょう。

ダウンロードした”XP Enviroment+.zip“ファイルを適当な場所で展開します。

展開してできた”XP Enviroment+“フォルダーを開きます。

テクスチャーデータ

この中にある”Lights“,”Overlays“,”Skycolors“,”Water“の4つのフォルダーを,X-Plane11フォルダー内にある”resource\bitmaps\world“フォルダーにコピーします。

なお”Clouds Textures“フォルダー内にある”.dds”データは,X-Plane11では利用できませんでした。

今回私は,先にご紹介した軽い雲のテクスチャーデータを利用しています。

VFRのために雲から地上オブジェクトへ表示の比重を移す方法
曇り空での飛行は,雲を表示するためにどうしてもFPSを低下させてしまいます。それをできるだけ少なくする軽い雲のデータが公開されました。美しい雲の画面を追求する目的からは外れますが,私のような少し前のスペックのPCインフラでは,地上オブジェクトへ表示能力を移すためのデータだ...
スクリプトデータ

つぎにスクリプトの導入をします。

XP Enviroment+“フォルダーの中にある”Lua Scripts“フォルダーを開きます。

まずこの中にある”Performance_High END.lua“,”Performance_MID END.lua“,”Performance_Low END.lua“の内,自分のPCの能力に応じたものを一つ選びます。

このスクリプトデータは,表示をCPUの能力に応じて調整するものであり通常は,MIDを選んでおけば大丈夫です。

選んだ”Performance_* END.lua”と,残りの4つのLuaファイルを”flywithlua scripts”フォルダーにコピーします。

X-Plane11での効果

私は,目的の空の青色の効果を確認しました。

このパッケージの空色は雲をハッキリ表示させるために調整されているそうですが,快晴にすると青色が濃くなっているように感じます。

薄い雲をハッキリと見せる青い空

快晴時には濃い青色です(3jFPSはAUTO)

天頂を見ると濃さがわかります(3jFPSはAUTO)

つぎに雨の降っている中を飛行した場合の画面です。

操縦席からの左下の眺め 雨粒が流れて糸のように見えます

私はVFRで飛行することがほとんどですから,悪天候での飛行はめったにありません。

そのため,降雨時の表現の善し悪しは評価できないことをお詫びいたします。

快晴時と比較してスクリプトを有効にしているときのFPSの低下は,1~2程度でした。

なお翼から生じる水煙の表現はきれいだなと思います。

降雨時のFPSは3jFPSをAUTOにした時で28位でした

水の色と光については,もともとの色をよく覚えていないため雪と同じく評価を控えさせていただきます。

海の色の変化はわかりません

まとめ

今回ご紹介したパッケージは,空の青色を濃くしたいと考えて導入したものです。

私は,期待した効果はあったと考えています。

なにはともあれ,美しい青い空の下を飛行するのは気持ちが良いものです。

Enjoy Flight!


この記事は,次の製品のオンラインバージョンアップ版で表示確認をしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローしてもらえば,ブログの更新がすぐわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク