スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
X-Plane11で飛ぶ日本最大規模の非公共用飛行場

X-Plane11で飛ぶ日本最大規模の非公共用飛行場

鹿部飛行場は,トヨタ自動車(株)が所有し,朝日航空株式会社が運営する日本最大規模の非公共用飛行場です。X-Plane11にはデフォルトで鹿部飛行場シーナリーが含まれていますが,実際の建物の様子とは異なります。X-Plane11で使える実際の建物の姿を反映したVFRに役立つ...

X-Plane11でナスカの地上絵を探す方法

X-Plane11でナスカの地上絵を探す方法

ペルーのナスカ高原には空からでなければ見ることができない不思議な絵が描かれています。この絵をフライトシミュレーターで見ることができます。部屋に居ながらにしてこの不思議な風景を見る方法を説明します。 X-Plane11で行くペルーのナスカ高原 ナスカの地上絵...

デフォルトシーナリーにある場外離着陸場を利用する方法

デフォルトシーナリーにある場外離着陸場を利用する方法

日本国内にはICAOコードのない場外離着陸場が複数存在します。X-Plane11にはそういった場外離着陸場が10カ所以上登録されています。ICAOコードはありませんが,仮のコードがつけられているのでシミュレーターで利用するのは簡単です。中には通常の飛行場のように建物や格納...

X-Plane11で行く海に浮かぶ修道院

X-Plane11で行く海に浮かぶ修道院

モン・サン・ミシェルは,フランス西海岸サン・マロ湾奥にある小島の上にある修道院です。FSXでは付属のフライトにここを訪ねるフライトが登録されており,フライトシミュレーターファンの中にもおなじみの方もいらっしゃると思います。地形の表現に優れたX-Plane11には,ここをし...

X-Plan11で使える日本の旅客機の塗装データを整理したページ

X-Plan11で使える日本の旅客機の塗装データを整理したページ

X-Plane11の旅客機データはマイクロソフトのフライトシュミレーターに比べて豊富であるとはいえません。しかし探せばあるもので日本の旅客機の塗装データを整理された方がいらっしゃいました。機種ごとのデータを公開されているのでご紹介します。 X-Plane11...

X-Plane11で楽しめる古典機の博物館

X-Plane11で楽しめる古典機の博物館

私は,第一次世界大戦前後の古典機と言われる航空機が好きです。初期の飛行機は凧のような外観を持っていたり,第一次世界大戦時にはド派手なカラーリングを施した複葉機が存在しました。現在では,航空ショーで見られる機体ですが,これらの機体を飛べる状態で展示している博物館がアメリカに...

X-Plane11.35で更新されたランドマークを探す

X-Plane11.35で更新されたランドマークを探す

ベータ版の公開から約1ヶ月を経て,やっとVer11.35が公開されました。内容は,航空機システム改良のほか空港の追加・改善が行われました。 オンラインバージョンアップの配信で更新できますが,DVD版を持っておられる方であればベータ版を含めていち早く最新版を導入することが...

セスナ172SPの操縦席内の音をグレードアップする方法

セスナ172SPの操縦席内の音をグレードアップする方法

セスナ機の操縦席内での音といえば,空港での航空機の離着陸などの音,コックピット内の風の音などがあります。 そのほかの警告音もありますが,これらの音をグレードアップするプラグインがあります。しかも旅客機向けに作られたX-RAASというプラグインを軽飛行機であるセスナ機で利...

X-Plane11で季節と場所に応じた適切な風景を表示する方法

X-Plane11で季節と場所に応じた適切な風景を表示する方法

先に秋冬の風景を表示するためのデータをご紹介しました。それらのデータを使って季節と場所に応じて表示を変更してくれるプラグインがあります。以前はバラバラにダウンロードして組み合わせる必要があり,使いにくかったのですが,今回データとプラグインが一つのパッケージとして公開されま...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク