スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

X-Plane11シーナリーの四季を簡単に実現する方法

X-Plane11で四季の風景を実現するために少し面倒なライブラリーやプラグインの導入を行いました。ファイル操作に慣れておられない方にとっては敷居が高いものがあります。面倒な操作をほとんどせずに導入できる四季を表現するプラグインが公開されたので紹介します。 ...

AFS2にフリーシーナリーを導入する方法

ペイウェアがほとんどであると思われているAFS2ですが,フリーウェアのシーナリーもあります。2019年になってからフリーシーナリーの公開が急に増えています。空港内の3Dオブジェクトや空港周辺の風景まできちんとしている空港はまだ少ないのですが,そのうちの素晴らしい空港の一つ...

舗装表現のリアリティを追求した横田飛行場シーナリー

横田飛行場は東京都多摩にあり,航空自衛隊と米軍の横田基地が設定されています。3000m級滑走路のある巨大飛行場ですが,X-Plane11のデフォルトシーナリーでは2D飛行場のままでした。日本の作者の方が地表表面の風化表現にこだわって作成された実感あふれるシーナリーをご紹介...

フォトシーナリーを雪景色に変える方法

フォトシーナリーは,地上を写実的に表現する手法としては優れています。季節によって地表の色や木々を変化させるライブラリーがあるので,フォトシーナリーは雪の降らない地域限定にしようと考えていました。カナダのシーナリーを調べているとき,テクスチャーを雪景色に変更できるツールを知...

トロントの遊覧飛行を楽しむ方法

世界中にはビックリするようなアクセス手段しかない空港があります。カナダのトロントにある島の空港がその一つです。この空港には地下トンネルかフェリーを使って行くしか交通手段がありません。今回は美しい自然に囲まれたこの空港と素晴らしいトロントのシーナリーをご紹介します。 ...

X-Plane11のオブジェクト表示を細かく調整する方法

X-Plane11で地上オブジェクトの表示をする設定は5段階に設定されています。オンラインマニュアルを見ると細かく設定できるように記述されていますが,調べてみるとこの部分はX-Plane10でにあったオプションのようです。X-Plane11で省略された細かなオブジェクト表...

ヨーロッパのフォトシーナリー

先にスペインポルトガルのUHDフォトシーナリーをご紹介しました。そのほかのヨーロッパのフォトシーナリーについては別のページからダウンロードできます。UHDメッシュシーナリーと組み合わせることで,ヨーロッパの大半を高精細地形+フォトシーナリーで構成できます。ヨーロッパのフラ...

ロンドンの遊覧飛行を楽しむ方法

ロンドンといえばヒースロー国際空港が有名ですが,ロンドン市街地をVFRで遊覧飛行するにはロンドンシティ空港から出発するのが最適です。ロンドンにはVFRで遊覧飛行する時に楽しめるランドマークがたくさんあります。デフォルトシーナリーにも3つのVFRオブジェクトがありますが,ま...

大きく改良されたX-EUROPE 4で欧州の風景を楽しむ方法

ヨーロッパの風景で表示される建物,構造物と道路をリアルに表示するためのライブラリーであるX-EuropeがVer4に更新されました。今回の更新では,建物の大きさが大きく変化し落ち着いた雰囲気に変化しています。この新しいライブラリーの導入方法と効果について報告します。 ...

超レトロな四発旅客水上機を飛ばしてみましょう

FS2004は,航空機博物館と言って良いほど無料で楽しめる昔の飛行機が豊富です。最近のフライトシミュレータで飛ぶ合間にレトロな雰囲気を楽しむための超レトロな水上旅客機をご紹介します。第二次世界大戦前に就航していたB314です。FSX/P3Dで使えるように公開されていますが...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク