X-Plane11一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Little NavmapをリモートPCで使う方法

Little Navmapは,SID/STARを含むフライトプランを作り,ムービングマップが使える多機能なサポートプログラムです。X-Plane11と同じPCで使う場合はセカンドモニターで使うのが簡単ですが,負荷を考えるとリモートPCで実行する方が望ましいと考えます。通常...

気軽に楽しめるマイクロジェットがX-Plane11にやってきました

BD-5Jは,世界で一番小さいジェット機です。フライトシミュレータ用の機体データは少なかったのですが最近X-Plane用の機体が公開されました。 ペイウェアと思えるくらいドキュメントも整っている素晴らしい仕上がりです。操縦特性は,かなりのじゃじゃ馬ですがしっかり楽しめる...

スカイアーチのある新しい羽田空港

11.41になってデフォルトの東京羽田空港シーナリーは誘導灯も整備されかなり豪華になりました。しかしながらデフォルトライブラリーにスカイアーチはないので,将来にもこれが再現されることはないと思われました。作者の方がそう考えられたからなのか,デフォルトシーナリーを元にして「...

新しい飛行場で初フライトを

広島県東広島市豊栄町清武にあるULP専用の飛行場シーナリーを公開します。このシーナリーは私が初めて作成したシーナリーです。出来映えについてはまだまだ不満な点がありますが,なんとか利用できるレベルにはなっていると考えています。ULPでしか利用できない小さな飛行場ですので,定...

国内にある可愛い飛行場を追加しましょう

日本国内の飛行場シーナリーを探しているとき,可愛らしい3つの飛行場を見つけました。このうち2つはデフォルトシーナリーにも含まれているものですが,カスタムシーナリーは一段とすてきなものです。大型機は発着できませんが,小型の旅客機までなら大丈夫なので国内飛行場シーナリーに加え...

OverlayEditorで11.40以降のapt.datが読み込めなくなったら

X-Plane11のシ-ナリーにちょっとしたアイテムを加えたくなった時重宝するのがOverlayEditorです。11.40にバージョンアップしてから,OverlayEditorを起動するとデフォルト空港のapt.datが読み込めなくなりました。全く動作しないわけではない...

気分転換に空飛ぶ板などはどうでしょうか

空飛ぶ板というSF映画に出てくるような装置が実際に開発されています。軍から予算が出ているという話もあり実用化に取り組んでいるのだと思います。この不思議な装置をX-Plane11で使うことができます。実世界では飛行時間が10分だそうですが,シミュレータなら心配はありません。...

新しく登場する日本国内の空港・飛行場シーナリー

X-Plane11では,ユーザーコミュニティで空港シーナリーの制作が進められています。その成果をいち早く利用できるのがゲートウェイです。2019年12月時点でゲートウェイからダウンロードして利用できる空港・飛行場シーナリーがかなり増えました。いずれはデフォルトシーナリーと...

気持ちの良い青い空をX-Plane11で実現する方法

これまで私はX-Plane11の青空の色は,くすんでいるなあと考えていました。ペイウェアではこの色を補正してくれるものがあります。これまで様々な試みを行いましたが,やっと満足のいく青空を実現できました。青い空を飛行できる気持ちよさを皆様にも知ってもらいたいと思い,ご紹介し...

ヨーロッパアルプスを鳥のように楽しむ方法

ヨーロッパアルプスは起伏が大きいことから,山裾からだけでなく上空からの景観も優れています。ここをただジェット機で飛ぶのももったいないのでグライダーで飛行することにしました。山のデータはフォトシーナリーではないので大容量VRAMのグラフィックカードでなくても楽しめます。もち...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク