航空機一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

“人里離れた道を探索してキャンプするのに最適な飛行機”と紹介されたスポーツ機

タイトルに使った表現は,"Zenith CH750"を2010年1月にRAAレクリエーションフライーヤー誌が紹介したときに使ったキャッチフレーズです。短距離離着離性能に優れていてしかもFAAスポーツで許可されている最大のキャビンサイズと耐荷重性能を持つ軽スポーツ機です。ブ...

GIMPを使って機体の塗装データを作成する方法

X-Plane11の機体の塗装データを作る方法については,多くのページで解説されています。そこではこれまでPaintshopを利用するというのが一般的でした。レイヤーを持つPaintshopは有料ソフトウェアでありサブスクリプション化してかなりの費用がかかります。最近にな...

超レトロな四発旅客水上機を飛ばしてみましょう

FS2004は,航空機博物館と言って良いほど無料で楽しめる昔の飛行機が豊富です。最近のフライトシミュレータで飛ぶ合間にレトロな雰囲気を楽しむための超レトロな水上旅客機をご紹介します。第二次世界大戦前に就航していたB314です。FSX/P3Dで使えるように公開されていますが...

繊細な構成の機体を作り続ける飛行機製作者

X-Planeの機体を作っておられる人々はたくさんおられます。その中で主として小型機を製作されており,私がその出来映えが繊細だと思った作品がいくつかあります。偶然,飛行機作家の方のインタビュー記事が目にとまり,その方が,私が繊細だと感じた機体を製作された方だと知りました。...

森の中の小さな臨時飛行場シーナリーと荒地用セスナ機

操縦士の中にブッシュパイロットという区分があります。道路も鉄道もない辺境の地を小型飛行機で飛び回り,人や物資を運ぶ人のことです。ブッシュパイロットでなければ離着陸できないような場所にある未舗装の滑走路を持つカナダの漁業調査基地シーナリーをご紹介します。そしてここを利用する...

気軽に楽しめるマイクロジェットがX-Plane11にやってきました

BD-5Jは,世界で一番小さいジェット機です。フライトシミュレータ用の機体データは少なかったのですが最近X-Plane用の機体が公開されました。 ペイウェアと思えるくらいドキュメントも整っている素晴らしい仕上がりです。操縦特性は,かなりのじゃじゃ馬ですがしっかり楽しめる...

気分転換に空飛ぶ板などはどうでしょうか

空飛ぶ板というSF映画に出てくるような装置が実際に開発されています。軍から予算が出ているという話もあり実用化に取り組んでいるのだと思います。この不思議な装置をX-Plane11で使うことができます。実世界では飛行時間が10分だそうですが,シミュレータなら心配はありません。...

南太平洋にある巨岩と絶壁の島々を巡る

マルキーズ諸島はフランス領ポリネシアに属する島々です。タヒチから北東に約1500kmの距離ですが,タヒチ島などソシエテ諸島の島々が珊瑚礁に囲まれているのとは異なり,冷たい海流の影響で珊瑚礁が発達していません。島々の海岸は絶壁が多く,中心部には巨岩がそびえている絶景の島があ...

X-Plan11で使える日本の旅客機の塗装データを整理したページ

X-Plane11の旅客機データはマイクロソフトのフライトシュミレーターに比べて豊富であるとはいえません。しかし探せばあるもので日本の旅客機の塗装データを整理された方がいらっしゃいました。機種ごとのデータを公開されているのでご紹介します。 X-Plane11...

X-Plane11で楽しめる古典機の博物館

私は,第一次世界大戦前後の古典機と言われる航空機が好きです。初期の飛行機は凧のような外観を持っていたり,第一次世界大戦時にはド派手なカラーリングを施した複葉機が存在しました。現在では,航空ショーで見られる機体ですが,これらの機体を飛べる状態で展示している博物館がアメリカに...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク