「 航空機 」一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
南太平洋にある巨岩と絶壁の島々を巡る

南太平洋にある巨岩と絶壁の島々を巡る

マルキーズ諸島はフランス領ポリネシアに属する島々です。タヒチから北東に約1500kmの距離ですが,タヒチ島などソシエテ諸島の島々が珊瑚礁に囲まれているのとは異なり,冷たい海流の影響で珊瑚礁が発達していません。島々の海岸は絶壁が多く,中心部には巨岩がそびえている絶景の島があ...

X-Plan11で使える日本の旅客機の塗装データを整理したページ

X-Plan11で使える日本の旅客機の塗装データを整理したページ

X-Plane11の旅客機データはマイクロソフトのフライトシュミレーターに比べて豊富であるとはいえません。しかし探せばあるもので日本の旅客機の塗装データを整理された方がいらっしゃいました。機種ごとのデータを公開されているのでご紹介します。 X-Plane11...

X-Plane11で楽しめる古典機の博物館

X-Plane11で楽しめる古典機の博物館

私は,第一次世界大戦前後の古典機と言われる航空機が好きです。初期の飛行機は凧のような外観を持っていたり,第一次世界大戦時にはド派手なカラーリングを施した複葉機が存在しました。現在では,航空ショーで見られる機体ですが,これらの機体を飛べる状態で展示している博物館がアメリカに...

南西諸島空域を飛行するためのなじみ深い機材を導入する方法

南西諸島空域を飛行するためのなじみ深い機材を導入する方法

鹿児島県から沖縄県にかけての南西諸島をエアライナーで飛行するとき,メジャーな全日本だけでなくこの空域を中心に営業してきたJTAの機材で飛びたいと思うことがあります。この目的に最適なデフォルトのB737-800向けに用意されたJTA塗装データをご紹介します。 ...

ベアメタル塗装のビンテージ機でレトロなVFRを楽しむ方法

ベアメタル塗装のビンテージ機でレトロなVFRを楽しむ方法

X-Plane11でVFRを楽しむとき,高性能のナビゲーション機器を搭載していない機体を使いたくなることがあります。 今回ご紹介するのは,古き良き時代のビンテージ機です。 もっとも,安全のために外付けのムービングマップを使えば迷うことはありません。 レトロな雰囲気を...

フライトシミュレーターで操縦技術を学ぶのに最適な軽飛行機

フライトシミュレーターで操縦技術を学ぶのに最適な軽飛行機

フライトシミュレーターで軽飛行機の操縦技術の練習をするとき最適な機体があります。 実機の"Piper cub J-3"は,1937年生まれです。 この機体は,軽くて丈夫しかも安価だということで,2万機以上生産された有名な機体です。 FS2004とX-Plane11の...

セスナ172のコックピットの質感を向上させる方法

セスナ172のコックピットの質感を向上させる方法

X-Plane11を始めた頃に一番よく使用するのがセスナ172です。 そのコックピットはよくできていると思うのですが,何か平面的だなと感じることもあります。 これを修正するデータが公開されていますのでご紹介します。 X-Plane11導入日記(その96)...

セスナ機のパネルをFS2004風にする方法

セスナ機のパネルをFS2004風にする方法

デフォルトのセスナ172には,ガーミンの無線機が備えられています。 もちろんそのことに不満はないのですが,FS2004のパネルに慣れている私のような古いタイプの人間にとって操作が高度過ぎるというのも正直なところです。 このような思いを汲んでセスナ機のパネルをFS200...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク